<< TOPページ

☆学ぶとは?教えるとは?☆

学ぶとは?教えるとは?

image_081117.jpg

ルイ・アラゴン「学ぶとは心に誠実を刻むこと。教えるとはともに希望を語ること。」

「学ぶことが心に誠実を刻む」ってなんだろう?・・・・・
・・・・・人生の先輩の教えや経験を学ぶために、人間の誠実さが要求される。
自分が学ぶべき対象に誠実に向き合うことで、自分の中に誠実に入ってくる。
だから、自分の心に誠実を刻んでいくことにもなるんだろう。
学力とか、ものを知っているとかじゃなくて、本当の意味で学びの多い人は誠実な人なんだろう。

そして「教えるとはともに希望を語る」ってなんだろう?・・・・・
・・・・・大人たちは子どもたちと希望を語り合っているんだろうか?
家庭、学校、社会・・・。
大人が夢や希望を語らないと、子どもたちだって夢も希望もない人間になるかもしれない。
自分から学ばなくなる大人なってしまうかもしれない。

誠実が心に刻まれて、夢や希望を語れる・・・そんな生き方って素敵だね。