<< TOPページ

☆Private Message 1☆

まぁるい中のひとつ

イメージ
人間、楽しいことばかりじゃなくて
辛いとき悲しいときってあるよね。
上司に理解してもらえないとき部下にあたったり
家族の歯車がうまく動かなくなると
身近な人や弱い子供にきつくあたってしまったり・・・。
人間だからデコボコしちゃうんだよね。
でも、み〜んな、このまぁるい地球の中のこと。
まぁるい宇宙の中の出来事。
まぁるくつつまれているから、どんなにデコボコしたって
いつかはまぁるくなっちゃうんだ。

一番大切なもの

真に賢い人間は、『自分にとってなにが一番大切なのか』を知り、『その一番大切なものを大切にするためにはどうすればよいのか』を考える。一番大切なものを一番大切にするためには、目標や計画を修正しなければならないこともある。

「3つの真実」著者:野口嘉則より抜粋

我慢する

image_081024.jpg

我慢するってどんな時?
欲しいものが手に入らないとか・・・?
したいことができないとか・・・?

心が満たされていれば我慢なんてへっちゃら。
我慢してることにも気付かないかもね。

心が満たされてないから
ストップかけられると迷っちゃうんだよね。
心がどうしたらいいか迷っちゃうんだよね。
怒ってみたり泣いてみたり・・・ね。

いつも心が満たされていればいいね。
我慢なんてへっちゃらだ。

天使の気持ち

image_081107.jpg

天使を好きな二人が話しました。
「天使は、あたりまえのことをあたりまえに感じることができるんだって。「天使の気持ち」って、うれしい事はうれしくて、悲しい事は悲しいだけ。おこったらなりふりかまわず怒るし、そのことに理由とかいいわけなんて何もないんだよ。」
ってね。
二人が天使を好きになったのは、あたりまえのことをあたりまえに感じてる「天使の気持ち」を持ちたかったからかもしれません。

学ぶとは?教えるとは?

image_081117.jpg

ルイ・アラゴン「学ぶとは心に誠実を刻むこと。教えるとはともに希望を語ること。」

「学ぶことが心に誠実を刻む」ってなんだろう?・・・・・
・・・・・人生の先輩の教えや経験を学ぶために、人間の誠実さが要求される。
自分が学ぶべき対象に誠実に向き合うことで、自分の中に誠実に入ってくる。
だから、自分の心に誠実を刻んでいくことにもなるんだろう。
学力とか、ものを知っているとかじゃなくて、本当の意味で学びの多い人は誠実な人なんだろう。

そして「教えるとはともに希望を語る」ってなんだろう?・・・・・
・・・・・大人たちは子どもたちと希望を語り合っているんだろうか?
家庭、学校、社会・・・。
大人が夢や希望を語らないと、子どもたちだって夢も希望もない人間になるかもしれない。
自分から学ばなくなる大人なってしまうかもしれない。

誠実が心に刻まれて、夢や希望を語れる・・・そんな生き方って素敵だね。

ちょうどいい

image_081206.jpg

今あなたのいる場所・・・
あなたの考えてること・・・
それが一番ちょうどいい・・・

頑張っても、無理しても、焦ったってうまくいかないことあるよね。
いろいろ考えるより今を楽しんだ方がいい。
今のあなたで100%輝いていると思うよ。

それが一番ちょうどいいんだから。
ちょうどいい場所に転がってきているんだから。
次もまた、ちょうどいいヒラメキがあるまでここにいよう!

今、流れるんだ。

image_081215.jpg

たっぷり溜めた想いが、今、やっと流れるんだね。
嬉しいこと、楽しいこと、悲しいことや辛いこともあったよね。
どんな想いもたったひとつの宝もの。
やっと流れるんだから大切に見守らなきゃね。

この場所に

image_081216.jpg

厳しい場所を選んだのは自分自身・・・。
あったかい場所にいても何も学べないから。
何か学びたくて来たんだよね。
最初からこの場所を選んで来たんだよね。
忘れないで、必ずあったかい春が来ることを。

魔法のお金

image_090121.jpg

お金は貯めるものじゃなくて使うためのもの。
使えば使うほど入ってくる魔法のお金。

おまけに幸せも入ってくる。
知らず知らずに幸せいっぱい。

またまたお金を使ってる。
誰かのために、誰かの幸せを願って・・・。

不思議なことに魔法のお金は無くならない。

今日も一日よろしくね

image_100222.jpg

SUN.SUN.....
朝の太陽の光をたっぷり浴びて、今日一日のエネルギー補給。
プラスもマイナスも、全てが調和できるように見守ってる。
くっつきすぎず、離れすぎず、ちょうどよい距離で。
押さない、引っ張らない、追わない、逃げない・・・いつも、ちょうどよい距離にいる。
今日も一日よろしくね。